外国への特許出願。

現在、日本で出願してある特許を外国へ出願する作業を行っています。

日本の出願日を優先して(適用して)外国の特許にするのです。

 

こちらから直接その国の特許事務所へ依頼してもよいのですが、今回は地元の特許事務所に依頼しました。

地元の特許事務所で翻訳して出願する国の特許事務所へ依頼します。

そして、出願する国の特許事務所からその国の特許庁へ特許を出願するのです。

 

弁理士さんと打ち合わせしました。

現物と日本の出願明細書を見せて説明しました。

単純な物なので発明の内容を理解してもらったと思いました。

後日、出願明細書を修正したらよいと思われる案を出してきました。

それをみて愕然としました。

発明の内容をまったく理解できていどころか違う発明に変えられてしまいそうです。

ビックリしました。

でも弁理士さんなんですよね。

そのあたりを歩いている女子高生に相談した感じです。

 

これは絶対に権利化しないといけないので何も考えなくていいから作業だけしてくれと言いたい。

 

 

vocidrect

Category: 特許 | Tags:
Comments are disabled