仕事の分野の決め方。

新事業の立ち上げはリスクもあり失敗の確率も高いものです。

いろいろな事業に挑戦し一つ当たったらその分野を深くやっていくことがよいと思います。

深くなったら広げていきます。

商品を増やしていき根を生やしていきます。

 

私の場合、売れ出したらある程度の期間で販売実績を作り事業を売却してきました。

事業ではなく特許だけでも販売してきました。

そしてたくさんの分野を渡り歩いてきました。

よってどの分野にも根を生やしていません。

そう思っていたら、商品開発から特許の管理、販売、事業譲渡などあらゆる項目を何回も経験していました。

その蓄積された経験をもとにアドバイザーとしてやっていこうと思います。

 

受け売りコンサルタントといわれないように物作りやネットショップは小さいですが続けます。

そうしないとアドバイスするノウハウが身に付かないからです。

Comments are disabled