2000年頃イスラエルへ移転しようと思いました。

2000年頃イスラエルへ移転しようと思いました。

理由は、特許が売れないからです。

といっても今までに50件出願し10件売りました。打率二割です。国内最高かもしれません。

イスラエルは自国の技術や製品を世界中に売るために各大使館が働いています。

テレコムイスラエルという展示会に参加する企業も世界中で募っています。

なぜ日本では特許が売れないかというと加工貿易だからです。

材料を仕入れて加工して製品にして輸出するのです。

欧米が考えた物を作って工賃を稼いでいるのです。

こう書くと大昔の中学校の教科書のように聞こえるかも知れません。

しかし、今もそうなのです。

知財を扱うとよく分かります。

パソコン、インターネット、テレビ(?)、ラジオ、自動車など欧米人が考えた物を日本人が作って工賃を稼いでいるのです。

自分で新たな価値を生み出すことはあまりありません。

たぶんそういう人は仕事のしやすいところへ行くんだと思います。

昔々、サンノゼへ日本を捨てて移住したおっさんに会いに行ったことがあります。

私よりはっきり、ものを言う人でした。

アイディアを現金化するには製品にして売る必要があります。

そのためにはメーカーは知恵の価値を認める必要があります。

そんな企業にはアイディアがどんどん集まり付加価値が高い製品が生まれます。

そして売り上げも利益率も高くなります。

考える人とメーカーの分業も必要かも知れません。

 

 

 

 

Comments are disabled