弁理士の選び方

どの弁理士に頼むかによって人生変わります。

多いパターンはメーカーの開発したものを特許で真似されないように守ることだと思います。

しかし、メーカーは物を量産して利益を得ています。だから特許の良し悪しに気がつかないことが多いのです。争いになって初めて気がつくことがあるのです。

だから弁理士はボロが出ない仕事ともいえます。大きなメーカーの仕事をしているから優秀とはかぎりません。

私のように特許だけで勝負する場合は内容が問題になります。

最近15年ぶりに弁理士を使いました。理由は前回ある特許で失敗したからです。

知識不足でした。作戦は良かったのですが抜け道があったようです。

久しぶりに石川県の弁理士さんと付き合いました。

仕事の1つに石川県産業創出支援機構というところで知財アドバイザーをやっています。

もし弁理士選びに困ったら相談してください。テーマに合った優秀な弁理士をご紹介します。

Category: 普段の生活
Comments are disabled