住宅の温暖化対策の特許について評価書が届きました。

これはPCT出願を行うと特許庁が外国へ出願したとき登録になる可能性が高いのか調査してくれる結果の報告書です。

これを見ると登録の可能性が非常に高いとのことです。

住宅の室内温度をエネルギーを使わずに外気温より下げる技術です。

初期投資、ランニングコスト不要でデザインとガラスの種類をルール通り設計に織り込むだけで効果が出ます。

現在のところ1棟目の完成が2018年夏の予定です。

 

Category: 特許, 発明 | Tags: ,
Comments are disabled